FC2ブログ

TORRENT link for JP TV 2007 >   【花ざかりの君たちへ】FUJI

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  【花ざかりの君たちへ】FUJI

花ざかりの君たちへ SP

花ざかりの君たちへ SP

HanazakarinoKimitachi


Air date: 2008-Oct-12
Hanazakari no Kimidachi e Ikemen Paradise SP.avi
Size: 3241.00

http://wwwz.fujitv.co.jp/hanakimi/


【CAST】
堀北 真希, 城田 優, 小栗 旬, 岩佐 真悠子, 生田 斗真, 紺野 まひる,
水嶋 ヒロ, 山本 裕, 松田聖子, 岡田 将生, 木村 了, 上川隆也, 石垣 佑磨


【あらすじ】花ざかりの君たちへ(フジテレビ公式サイト)より

 芦屋瑞稀(堀北真希)が「卒業」してから半年が経った――。にもかかわらず、桜咲学園では、今日も相変わらずの三寮長の下、相変わらずの面々が、相変わらずのノリで、何かと競い合っていた。
 イベントは、「卒業記念!バレンタインデー・チョコ争奪戦!」。ブロッサム学園を含めた女性からいくつチョコをもらえたかを競うのだ。一位には椿校長(松田聖子)から金粉入りチョコがプレゼントされるだけでなく、その年の『キング・オブ・イケメン』の称号が与えられるので、みんなの張り切り具合も尋常じゃない。すると、チョコの数を競い合っていた中津秀一(生田斗真)が佐野泉(小栗旬)に言い寄ってきた。

中津「 たくさんのチョコより、本当は瑞稀の一個が欲しかったんじゃねえの?」
佐野「 別に・・・。俺、甘いモン嫌いだし」
中津「 相変わらずクールだねェ。ところでさ、前から疑問だったんだけど、お前、いつから瑞稀のコト好きだったの」

 佐野は答えない。瑞稀の兄貴が来てから? 合コンしてから? 海の家で離れ離れになったときから? 中津は少しずつ範囲を狭めていく。佐野の反応から、アメリカへ帰ろうとする瑞稀を引き止めたあたりがポイントのようだ。中津は思い出す。7話と8話の間に当たる、瑞稀と過ごした夏休み最後の一週間を・・・。

 回想――。佐野「だから、行くなよ」(第7話より抜粋)
 佐野と中津の説得により、瑞稀は学園に残ることにした。そして、瑞稀らが戻ると、次のイベントが発表されていた。
 難波南(水嶋ヒロ)、萱島大樹(山本裕典)、関目京悟(岡田将生)、中央千里(木村了)らの第2寮生、そして、天王寺恵(石垣佑磨)率いる第1寮、オスカー・M・姫島(姜暢雄)率いる第3寮の見守る中発表されたイベントとは、なんと「男だらけの水泳大会」。

 その夜、一人のアメリカ人女性がやってきた。そのアメリカ人はジュリア(美波)といい、瑞稀がアメリカで知り合った親友で、もちろん佐野のことも瑞稀が男子校に転入したことも知っていた。ジュリアはしばらく日本に滞在するらしく、二人は久しぶりの再会を喜んだ。しかし彼女の出現は、新たな波乱の幕開けとなった。
 さっそく瑞稀を呼び出したジュリアは、瑞稀が男子校に入ってからの経緯を聞いた。そして佐野の気持ちを確かめようと、自分が瑞稀の恋人のフリをして、佐野の反応を見ようと言い出した。瑞稀はあまり気が進まないのだが・・・。
 しかし、恋人として接するジュリアを見て、佐野ではなく別の人間たちが反応した。まずは中津。瑞稀と親しいジュリアに嫉妬していた。次に難波。ファーストコンタクトで自分になびかなかった初めての女性・ジュリアにどうやら惚れてしまったらしい。さらに、難波を慕う中央など連鎖が連鎖を呼び、四重にも五重にもなった関係が構築された。しかし肝心の佐野は意外にも反応が薄く、さすがの瑞稀も落ち込んでいた。佐野は私に興味がないのだろうか・・・。

 そんな中、いよいよ水泳大会が開催された。猿渡教頭(宇梶剛士)や原秋葉(紺野まひる)が審判として参加し、ブロッサム学園を中心とした女子限定の観客が熱いエールを送る。しかし、その観客に混じっていたジュリアは、瑞稀を水着姿にさせないために見学させた佐野を見て、佐野が瑞稀を女と知っているのではないかという疑問を抱く。
 競技は水中陣取り合戦。ここでの活躍が半年後のバレンタインデーを左右するといっても過言ではないだけに、寮生も気合充分、手に汗握る大熱戦となった。MVPの選手には、意中の人にキスをしてもらえるという特典つき。天王寺は尼崎カンナ(桐谷美玲)を、関目は阿倍野エリカ(平愛梨)を、難波はジュリアを・・・とみんなの闘争心に火がついた。もちろん、中津は瑞稀にキスしてもらうつもりだ。中津優勢かと思いきや、ダークホースだった中央が、直前で旗をもぎ取って試合終了。MVPは中央となり、もちろん、キスの相手に選ばれたのは難波だ。ジュリアはそんな男子校特有の悪ノリを嫌悪する。その悪ノリは水泳大会の後片付けにまで及んだ。みんなが帰ろうとした際、ふざけて瑞稀をプールに落としてしまったのだ・・・。

 瑞稀は佐野によって保健室に運ばれた。そんな佐野の様子を見ていた校医の梅田(上川隆也)は、佐野は瑞稀が女だということを知っていて、さらには瑞稀の存在が佐野にとって特別なものに変わっているのではないか、と感じていた。
 その頃、ジュリアは水泳大会の様子を見て、もし何かの拍子で瑞稀が女だとバレたら瑞稀は傷つくし、これ以上佐野に深入りさせるわけにはいかない、と瑞稀をアメリカに連れて帰らなくては、と決意する。

 水泳大会の片付けを終えて、みんなが寮に戻ってくると、一人の女性が待っていた。口うるさい関西弁のその声を聞いて、中津の表情から血の気が引いていく・・・その女性は中津の母・かの子(萬田久子)だった。かの子は、中津がプロサッカー選手を目指すことに猛反対していて、来週行われる練習試合で負けたら、稼業を継ぐよう約束したらしい。中津は自信満々だが、チームメイトは不安を隠せない。なにせ、相手は外国人選手が三人もいる優勝候補筆頭の強豪校なのだから。

 決戦前日――。とんでもない事態が起こった。対戦相手が、他校と試合がバッティングして来られなくなったというのだ。かの子に事情を話しても納得するわけがないし、これから対戦相手を探すのは無理な話だ。しかし、本心では、かの子に自分がサッカーに打ち込む姿を見てもらいたいと思っていた中津は、必死で対戦相手を探すため、走り回る・・・。

 再び現代に戻って――桜咲学園卒業式。三寮長との別れをみんなが惜しんでいた。すると、そこに・・・。


【主題歌】「PEACH」大塚愛




【オープニングテーマ】「イケナイ太陽」ORANGE RANGE




【小説】『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』武藤将吾 /前川奈緒




【写真集】『花ざかりの君たちへ メイキングブック』




【原作】「花ざかりの君たちへ」中条比紗也(愛蔵版 全12巻)





torrentデータをダウンロードするには>>>>BitComet

動画ファイルを視聴するには>>>>>>>>GOM PLAYER

  【花ざかりの君たちへ】FUJI

花ざかりの君たちへ 最終話

花ざかりの君たちへ 最終話
「オレたちが守る!」

HanazakarinoKimitachi


Air date: 2007-Sep-18
Hanazakari no Kimitachi e ep12 finale (1024x576 x264) RAW.avi
Size: 1326.00

http://wwwz.fujitv.co.jp/hanakimi/



【CAST】
堀北 真希, 城田 優, 小栗 旬, 岩佐 真悠子, 生田 斗真, 紺野 まひる,
水嶋 ヒロ, 山本 裕, 松田聖子, 岡田 将生, 木村 了, 上川隆也, 石垣 佑磨


【あらすじ】花ざかりの君たちへ(フジテレビ公式サイト)より

 芦屋瑞稀(堀北真希)は、父親・佐野岳彦(杉本哲太)のことで口論となった佐野泉(小栗旬)と関係修復ができないまま、中津秀一(生田斗真)から突然の告白を受け、思い悩む。

 そんな折、桜咲学園が全国高校陸上競技大会の予選会場に選ばれ、その開会式を盛り上げるため、生徒たちはパフォーマンスをすることに。難波南(水嶋ヒロ)、関目京悟(岡田将生)、中央千里(木村了)ら生徒たちは面倒くさがるが、教頭・猿渡(宇梶剛士)から参加した寮にはハワイ旅行が贈られると聞き、全寮俄然やる気に。その様子を見ていた萱島大樹(山本裕典)は、波乱の幕開けを感じる。

 一方、桃郷学院のグラウンドで弟・佐野森(大東俊介)を指導する岳彦を見ていた佐野は、岳彦と対峙したいとも思うがその一歩が踏み出せず、グラウンドを後にする。

 校医・梅田北斗(上川隆也)に言われ、桃郷学院まで佐野に会いに来た瑞稀だったが、佐野とは行き違ってしまう。その代わり、担架に乗せられ運ばれる岳彦の姿を目撃する。

 瑞稀は大急ぎで寮に戻ると佐野に報告し、病院へ行くように促すが、佐野は動揺しながらも動こうとしない。そんな佐野にしびれを切らした瑞稀は、部屋を飛び出す。結局、後を追ってきた佐野をタクシーに乗せ、病院へ送る。

 佐野が駆けつけると、病室の前には森がいた。容態が落ち着いた岳彦と佐野は、少しずつではあったが歩み寄ることができた。

 その日の夕方、中津に呼び出された佐野は、瑞稀が女であることを知っているんだろうと暗に聞かれる。佐野が答えないのを「知っている」と取った中津は、瑞稀のことは譲れないと宣戦布告する。夜、寮の部屋に戻った佐野は、瑞稀に岳彦とのことを話し、ふたりの間に笑顔が戻る。そして、瑞稀への思いを確信した佐野は、「俺も譲れねえ」と決意する。

 いよいよ陸上競技大会開会セレモニーのパフォーマンス参加権を巡って、寮ごとの勝負が始まる。対決は、「長縄跳び」「息止め」「腹筋」「トイレットペーパー早巻き」「ギャル語読解対決」「くしゃみ対決」など、全部で90種類にも及ぶ。生徒たちは相変わらず盛り上がるが、いつもとはどこか雰囲気が違う。それは、今までイベントに参加しなかった佐野がすべての対決に参加し、中津と勝負しているからだ。寮ごとの勝負なのに、同じ二寮のふたりが争っている。瑞稀や生徒たちはもちろん、不思議に思った原秋葉(紺野まひる)は、梅田に報告。事情を知る梅田は、男には勝負しなければいけない時があると言う。

 勝負の結果、各寮が30勝ずつ獲得しドローに。90番勝負もしながら引き分けという結果に生徒たちは脱力するが、やがて、お互いの実力を認め合う。そして、難波、天王寺恵(石垣佑磨)、オスカー・M・姫島(姜暢雄)の三寮長が合意したことで、全員でパフォーマンスをすることに決まる。

 大会予選当日、桜咲学園のグラウンドのスタンドには、大勢の観客が集まっていた。そんななか、瑞稀を筆頭に生徒たちによるダンスパフォーマンスが始まる。寮の対決は一切なし、学園一丸となり陸上部のために懸命にダンスを披露する生徒たち。その姿を、佐野と関目が嬉しそうに見つめる。

 そして、ついに佐野たちの出番となる。佐野の控え室にいた瑞稀は、佐野がいつも大会に持参する母親の形見のお守りを忘れたと聞き、部屋へ取りに帰る。お守りを取り部屋を出ようとしたとき、佐野の携帯電話が鳴る。着信が岳彦が入院している病院からだと気づいた瑞稀は電話に出る。

 一方、大会では400メートル走に出場した関目が、3位入賞という意外な活躍を見せ盛り上がっていた。その頃、どこかへ向かい猛ダッシュしていた瑞稀は、道の角で花屋敷ひばり(岩佐真悠子)と衝突するが、謝るとそのまま走り去ってしまう。残されたひばりは、瑞稀が落とした財布を拾うと、なかに挟んであったパスポートを手に取る。

 瑞稀がグランドに戻って来ると、高跳びが始まっていた。スタンドへ来た瑞稀は中津から、佐野がパスを続けていることを聞く。関目曰く、同点になった場合、失敗のトータルで勝敗が決まるからパスは有効だというが、佐野と神楽坂真言(城田優)のふたりがパスを続けるうち、バーは高くなっていく…。お前に見せるジャンプは誰よりも高くなければダメなんだと、中津に言われた瑞稀は、佐野の本気を痛感する。そして、電光掲示板に「2m21cm」という神楽坂が持つ高校記録が表示されたとき、佐野がいよいよ助走の位置につく。スタンドの瑞稀を一瞥すると、佐野はバーに向い走り始める。ところが、ジャンプは失敗。神楽坂がクリアする一方、佐野は2本目も失敗し、あと1本で失格という窮地に追い込まれる。すると、突然、瑞稀がグランドの佐野に向かって「二足下がれ!」と指示を出す。いつもの助走から、二歩下がれというのだ。それは、佐野が思うように跳べないときのため、瑞稀が岳彦からもらっていたアドバイスだった。瑞稀の言う通りにした佐野は、勢いよく助走をつけると、見事なジャンプでバーをクリアする。1年ぶりの佐野の文句なしのジャンプに、瑞稀、中津、難波、関目、梅田、秋葉…その場にいた全員の胸に熱いものがこみ上げる。

 その後、学園を歩いていた中津は、難波、天王寺、姫島を前にひばりが何かを話しているのを目撃する。近くまで来た中津は、桜咲学園の生徒のなかに女性がいる、と言うひばりの報告に愕然とする。



【主題歌】「PEACH」大塚愛




【オープニングテーマ】「イケナイ太陽」ORANGE RANGE




【小説】『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』武藤将吾 /前川奈緒




【写真集】『花ざかりの君たちへ メイキングブック』




【原作】「花ざかりの君たちへ」中条比紗也(愛蔵版 全12巻)





torrentデータをダウンロードするには>>>>BitComet

動画ファイルを視聴するには>>>>>>>>GOM PLAYER

  【花ざかりの君たちへ】FUJI

花ざかりの君たちへ 第11話

花ざかりの君たちへ 第11話
「お前のために跳ぶ」

HanazakarinoKimitachi


Air date: 2007-Sep-11
Hanazakari no Kimitachi e ep11 (1024x576 x264) RAW.avi
Size: 838.00

http://wwwz.fujitv.co.jp/hanakimi/



【CAST】
堀北 真希, 城田 優, 小栗 旬, 岩佐 真悠子, 生田 斗真, 紺野 まひる,
水嶋 ヒロ, 山本 裕, 松田聖子, 岡田 将生, 木村 了, 上川隆也, 石垣 佑磨


【あらすじ】花ざかりの君たちへ(フジテレビ公式サイト)より

 芦屋瑞稀(堀北真希)は、父親・佐野岳彦(杉本哲太)のことで口論となった佐野泉(小栗旬)と関係修復ができないまま、中津秀一(生田斗真)から突然の告白を受け、思い悩む。

 そんな折、桜咲学園が全国高校陸上競技大会の予選会場に選ばれ、その開会式を盛り上げるため、生徒たちはパフォーマンスをすることに。難波南(水嶋ヒロ)、関目京悟(岡田将生)、中央千里(木村了)ら生徒たちは面倒くさがるが、教頭・猿渡(宇梶剛士)から参加した寮にはハワイ旅行が贈られると聞き、全寮俄然やる気に。その様子を見ていた萱島大樹(山本裕典)は、波乱の幕開けを感じる。
 一方、桃郷学院のグラウンドで弟・佐野森(大東俊介)を指導する岳彦を見ていた佐野は、岳彦と対峙したいとも思うがその一歩が踏み出せず、グラウンドを後にする。

 校医・梅田北斗(上川隆也)に言われ、桃郷学院まで佐野に会いに来た瑞稀だったが、佐野とは行き違ってしまう。その代わり、担架に乗せられ運ばれる岳彦の姿を目撃する。

 瑞稀は大急ぎで寮に戻ると佐野に報告し、病院へ行くように促すが、佐野は動揺しながらも動こうとしない。そんな佐野にしびれを切らした瑞稀は、部屋を飛び出す。結局、後を追ってきた佐野をタクシーに乗せ、病院へ送る。

 佐野が駆けつけると、病室の前には森がいた。容態が落ち着いた岳彦と佐野は、少しずつではあったが歩み寄ることができた。

 その日の夕方、中津に呼び出された佐野は、瑞稀が女であることを知っているんだろうと暗に聞かれる。佐野が答えないのを「知っている」と取った中津は、瑞稀のことは譲れないと宣戦布告する。夜、寮の部屋に戻った佐野は、瑞稀に岳彦とのことを話し、ふたりの間に笑顔が戻る。そして、瑞稀への思いを確信した佐野は、「俺も譲れねえ」と決意する。

 いよいよ陸上競技大会開会セレモニーのパフォーマンス参加権を巡って、寮ごとの勝負が始まる。対決は、「長縄跳び」「息止め」「腹筋」「トイレットペーパー早巻き」「ギャル語読解対決」「くしゃみ対決」など、全部で90種類にも及ぶ。生徒たちは相変わらず盛り上がるが、いつもとはどこか雰囲気が違う。それは、今までイベントに参加しなかった佐野がすべての対決に参加し、中津と勝負しているからだ。寮ごとの勝負なのに、同じ二寮のふたりが争っている。瑞稀や生徒たちはもちろん、不思議に思った原秋葉(紺野まひる)は、梅田に報告。事情を知る梅田は、男には勝負しなければいけない時があると言う。

 勝負の結果、各寮が30勝ずつ獲得しドローに。90番勝負もしながら引き分けという結果に生徒たちは脱力するが、やがて、お互いの実力を認め合う。そして、難波、天王寺恵(石垣佑磨)、オスカー・M・姫島(姜暢雄)の三寮長が合意したことで、全員でパフォーマンスをすることに決まる。

 大会予選当日、桜咲学園のグラウンドのスタンドには、大勢の観客が集まっていた。そんななか、瑞稀を筆頭に生徒たちによるダンスパフォーマンスが始まる。寮の対決は一切なし、学園一丸となり陸上部のために懸命にダンスを披露する生徒たち。その姿を、佐野と関目が嬉しそうに見つめる。

 そして、ついに佐野たちの出番となる。佐野の控え室にいた瑞稀は、佐野がいつも大会に持参する母親の形見のお守りを忘れたと聞き、部屋へ取りに帰る。お守りを取り部屋を出ようとしたとき、佐野の携帯電話が鳴る。着信が岳彦が入院している病院からだと気づいた瑞稀は電話に出る。

 一方、大会では400メートル走に出場した関目が、3位入賞という意外な活躍を見せ盛り上がっていた。その頃、どこかへ向かい猛ダッシュしていた瑞稀は、道の角で花屋敷ひばり(岩佐真悠子)と衝突するが、謝るとそのまま走り去ってしまう。残されたひばりは、瑞稀が落とした財布を拾うと、なかに挟んであったパスポートを手に取る。

 瑞稀がグランドに戻って来ると、高跳びが始まっていた。スタンドへ来た瑞稀は中津から、佐野がパスを続けていることを聞く。関目曰く、同点になった場合、失敗のトータルで勝敗が決まるからパスは有効だというが、佐野と神楽坂真言(城田優)のふたりがパスを続けるうち、バーは高くなっていく…。お前に見せるジャンプは誰よりも高くなければダメなんだと、中津に言われた瑞稀は、佐野の本気を痛感する。そして、電光掲示板に「2m21cm」という神楽坂が持つ高校記録が表示されたとき、佐野がいよいよ助走の位置につく。スタンドの瑞稀を一瞥すると、佐野はバーに向い走り始める。ところが、ジャンプは失敗。神楽坂がクリアする一方、佐野は2本目も失敗し、あと1本で失格という窮地に追い込まれる。すると、突然、瑞稀がグランドの佐野に向かって「二足下がれ!」と指示を出す。いつもの助走から、二歩下がれというのだ。それは、佐野が思うように跳べないときのため、瑞稀が岳彦からもらっていたアドバイスだった。瑞稀の言う通りにした佐野は、勢いよく助走をつけると、見事なジャンプでバーをクリアする。1年ぶりの佐野の文句なしのジャンプに、瑞稀、中津、難波、関目、梅田、秋葉…その場にいた全員の胸に熱いものがこみ上げる。

 その後、学園を歩いていた中津は、難波、天王寺、姫島を前にひばりが何かを話しているのを目撃する。近くまで来た中津は、桜咲学園の生徒のなかに女性がいる、と言うひばりの報告に愕然とする。



【主題歌】「PEACH」大塚愛




【オープニングテーマ】「イケナイ太陽」ORANGE RANGE




【小説】『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』武藤将吾 /前川奈緒




【写真集】『花ざかりの君たちへ メイキングブック』




【原作】「花ざかりの君たちへ」中条比紗也(愛蔵版 全12巻)





torrentデータをダウンロードするには>>>>BitComet

動画ファイルを視聴するには>>>>>>>>GOM PLAYER

  【花ざかりの君たちへ】FUJI

花ざかりの君たちへ 第10話

花ざかりの君たちへ 第10話
「オレにしとけよ!」

HanazakarinoKimitachi


Air date: 2007-Sep-04
Hanazakari no Kimitachi e ep10 (1024x576 x264) RAW.avi
Size: 620.00

http://wwwz.fujitv.co.jp/hanakimi/



【CAST】
堀北 真希, 城田 優, 小栗 旬, 岩佐 真悠子, 生田 斗真, 紺野 まひる,
水嶋 ヒロ, 山本 裕, 松田聖子, 岡田 将生, 木村 了, 上川隆也, 石垣 佑磨


【あらすじ】花ざかりの君たちへ(フジテレビ公式サイト)より

 芦屋瑞稀(堀北真希)らの2年C組に、臨時教員の北浜昇(稲垣吾郎)がやってくる。生徒たちはいつも通りのいたずらで迎えるが、北浜はまったく動じず、逆に何か問題を起こせば停学処分にすると宣言。その冷徹な態度に、生徒たちもペースを狂わされてしまう。

 学園は定期テスト期間に入るが、生徒たちは勉強どころか、テストの後に行われる『定期テスト打ち上げライブ』のことで頭がいっぱい。出し物の練習に余念がない。その夜、瑞稀が、中津秀一(生田斗真)と部屋で勉強していると、佐野泉(小栗旬)が帰ってくる。相変わらず高跳びに打ち込む佐野に、瑞稀はテストは大丈夫かと尋ねるが、実は佐野は、瑞稀たちに勉強を教えるほど成績優秀。逆に、瑞稀と中津が勉強を教えてもらうことに。

 そして翌日、テストが始まる。解答用紙に向かう生徒たちの間を、見回り歩く北浜。すると、中津の机で何かを見つける。解答用紙の下にもう一枚、紙があったのだ。どうやら、着席のときに紛れ込んだらしいのだが、北浜は、カンニングだと断定。中津は、テスト終了後に呼び出される。いくら説明しても、信じようとしない北浜に困惑した教頭の猿渡(宇梶剛士)が、テスト期間を理由に真偽の保留を提案。中津は、潔白を証明されないまま、ひとまず解放される。

 その夜、難波南(水嶋ヒロ)は、第二寮の関目京悟(岡田将生)、中央千里(木村了)らを集めて打ち上げライブについて話し合い、「モテそうだから」という理由で、バンドをやることに。瑞稀も盛り上がるが、中津の表情は冴えない。

 そして、テスト最終日。テストから解放されたのもつかの間、中津はカンニングの事情聴取のため、北浜に連れていかれる。その夜、瑞稀は、食堂に萱島大樹(山本裕典)ら生徒たちを集めると、中津の無実を晴らすために協力してほしいと頼むが、逆に犯人が誰なのかという議論が勃発。寮ごとに一触即発の雰囲気になってしまう。

 翌日、打ち上げライブのリハーサルが行われることになり、各寮が演奏を披露し始める。するとそこへ、北浜が現れリハーサルの中止を言い渡す。その強権ぶりに、生徒たちも、渋々従うしかない。

 それでも、少しくらいはと嵯峨和真(溝端淳平)らが教室でギターの練習をしていると、北浜が入ってくる。ギターを見た北浜は、形相を変えるとそれを取り上げ、教室の窓から投げ捨ててしまう。生徒たちが反発すると、北浜は自分に従っていればいいんだと、声を荒げる。その様子に、佐野は何を感じ取る。

 夕方、中庭に佇み、落ち込む中津に佐野が声をかける。様子のおかしい中津に尋ねると、北浜からカンニングの件で反省文を書けと半ば強要されていていると告白。もし書かなければ、自分は停学、そして、所属するサッカー部も大会の出場を辞退させられると言うのだ。と、そこへやってきた瑞稀がそれを聞く。激怒し、校長に掛け合うと言うという瑞稀を、中津は笑顔で制するが…。

 生徒指導室にいた中津が反省文にサインをしようとしていると、瑞稀が駆け込んできて、北浜に、北浜のやっていることは指導ではなく、教師という権力を振りかざしたいじめだと訴える。そんな瑞稀を見た北浜は、突然、制服を脱げと言う。瑞稀のような力の弱そうな不良は、ナイフを隠し持っていてもおかしくないと言うのだ。そして、異常な迫力で迫ると、瑞稀の制服に手をかける――。すると、それを見ていた中津が激昂。思わず、北浜の胸倉を掴む。北浜はそれを暴力行為とみなし、停学決定だと言い捨てる。「中津停学」のニュースは、瞬く間に学園に広がり、生徒たちは動揺する。

 北浜の横暴なやり方の裏には、何かあると思った佐野は、保健室に梅田北斗(上川隆也)を訪ねると、北浜の素性を教えてほしいと頼む。すると、ちょうど入ってきた原秋葉(紺野まひる)が、北浜の同級生だと言い…。

 中津が停学処分になってしまったことに責任を感じる瑞稀は、北浜に停学を取り消してほしいと談判するが、聞き入れられない。そんな瑞稀を中津が制していたとき、白い学ランをまとった難波、天王寺恵(石垣佑磨)、オスカー・M・姫島(姜暢雄)を先頭に、大勢の生徒たちが詰め掛けてくる。白い学ランは、教師と互角に渡り合える権限を持つ桜咲学園の生徒会“花桜会”の象徴だ。難波らは、生徒全員が署名したという退学届けを差し出し、中津の停学取り消しを求める。しかし、北浜は意にも介さない様子で、自分は間違っていないと言い、難波の胸倉を掴むと、教師が管理しなければ、生徒はすぐにわき道に逸れてしまうと言い放つ。すると、「俺たちはアンタの弟じゃない!」と言って、佐野が入ってくる。意表を突かれたのか、北浜は言葉を失い、部屋を出て行こうとする。そんな北浜に教頭の猿渡が、中津は本当に暴力を振るったのかと尋ねる。長い沈黙のあと、北浜は自分の思い過ごしだったかもしれないと言い、カンニングの件でも中津の主張を認めると言い残し、その場を去る。一件落着したことに、生徒たちは大いに盛り上がる。

 その後、瑞稀と佐野が庭のベンチに座り、北浜のことを話していると、本人がやってくる。北浜によると、北浜には年の離れた弟がいたが、甘やかされて育ったため不良になり、高校生のときにけんかに巻き込まれ、ナイフで刺されて亡くなったのだと言う。佐野が言う通り、生徒たちに自分の弟を重ねていたのかもしれないと言う北浜は、中津に謝罪の言葉を伝えて欲しいと言うと、その場を去っていく。瑞稀は、それを中津に伝えようと、ベンチを立とうとする。と、佐野に腕を掴まれる。ドキッとする瑞稀に「…もう少し、いろよ」とぶっきらぼうに言う佐野。瑞稀は、再び佐野の横に座るが、ふたりの間には沈黙が流れる。すると、今度は佐野が練習に行ってくると言い立ち上がる。行きかけた佐野だったが、瑞稀を振り向くと、「ライブ頑張ろうな……瑞稀」と言い残し、歩いていく。思わず、「おう」と答えてしまった瑞稀だが、「瑞稀」と呼ばれたことにハッとする。

 その後、『定期テスト打ち上げライブ』も無事、開催される。瑞稀や中津たち第二寮の面々がステージに上がったとき、梅田に連れられて北浜がやってくる。北浜を認めた中津は、マイクを手にすると、自分たちは何にも考えないでわき道に逸れたりはしない、くだらないことに憧れているのでもなく、ちゃんと意味があってそこに行き着いたってことを分かってほしいと、北浜にメッセージを送る。
 その頃、練習に向かう佐野のところへ、桃郷学院の神楽坂真言(城田優)が現れ、桃郷学院で全国の有力選手を集めて行われる強化合宿に参加しないかと誘う。そこには、当然、佐野の弟・森(大東俊介)もやってくると言い…。

 その日の夜、中津がシャンプーを借りに瑞稀たちの部屋を訪ねてくる。佐野は外出中、瑞稀はシャワーを浴びていた。中津は構わず浴室へやってきて、シャワーを浴びる瑞稀の側のシャンプーに手を伸ばそうとする――と、そのとき、フッと瑞稀の裸を見てしまう。中津はそっとドアを閉め、瑞稀は気づかないが、中津は呆然とする。



【主題歌】「PEACH」大塚愛




【オープニングテーマ】「イケナイ太陽」ORANGE RANGE




【小説】『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』武藤将吾 /前川奈緒




【写真集】『花ざかりの君たちへ メイキングブック』




【原作】「花ざかりの君たちへ」中条比紗也(愛蔵版 全12巻)





torrentデータをダウンロードするには>>>>BitComet

動画ファイルを視聴するには>>>>>>>>GOM PLAYER

  【花ざかりの君たちへ】FUJI

花ざかりの君たちへ 第09話

花ざかりの君たちへ 第09話
「バレた!」

HanazakarinoKimitachi


Air date: 2007-Aug-28
Hanazakari no Kimitachi e ep09 (1024x576 x264) RAW.avi
Size: 719.00

http://wwwz.fujitv.co.jp/hanakimi/



【CAST】
堀北 真希, 城田 優, 小栗 旬, 岩佐 真悠子, 生田 斗真, 紺野 まひる,
水嶋 ヒロ, 山本 裕, 松田聖子, 岡田 将生, 木村 了, 上川隆也, 石垣 佑磨


【あらすじ】花ざかりの君たちへ(フジテレビ公式サイト)より

 芦屋瑞稀(堀北真希)らの2年C組に、臨時教員の北浜昇(稲垣吾郎)がやってくる。生徒たちはいつも通りのいたずらで迎えるが、北浜はまったく動じず、逆に何か問題を起こせば停学処分にすると宣言。その冷徹な態度に、生徒たちもペースを狂わされてしまう。

 学園は定期テスト期間に入るが、生徒たちは勉強どころか、テストの後に行われる『定期テスト打ち上げライブ』のことで頭がいっぱい。出し物の練習に余念がない。その夜、瑞稀が、中津秀一(生田斗真)と部屋で勉強していると、佐野泉(小栗旬)が帰ってくる。相変わらず高跳びに打ち込む佐野に、瑞稀はテストは大丈夫かと尋ねるが、実は佐野は、瑞稀たちに勉強を教えるほど成績優秀。逆に、瑞稀と中津が勉強を教えてもらうことに。

 そして翌日、テストが始まる。解答用紙に向かう生徒たちの間を、見回り歩く北浜。すると、中津の机で何かを見つける。解答用紙の下にもう一枚、紙があったのだ。どうやら、着席のときに紛れ込んだらしいのだが、北浜は、カンニングだと断定。中津は、テスト終了後に呼び出される。いくら説明しても、信じようとしない北浜に困惑した教頭の猿渡(宇梶剛士)が、テスト期間を理由に真偽の保留を提案。中津は、潔白を証明されないまま、ひとまず解放される。

 その夜、難波南(水嶋ヒロ)は、第二寮の関目京悟(岡田将生)、中央千里(木村了)らを集めて打ち上げライブについて話し合い、「モテそうだから」という理由で、バンドをやることに。瑞稀も盛り上がるが、中津の表情は冴えない。

 そして、テスト最終日。テストから解放されたのもつかの間、中津はカンニングの事情聴取のため、北浜に連れていかれる。その夜、瑞稀は、食堂に萱島大樹(山本裕典)ら生徒たちを集めると、中津の無実を晴らすために協力してほしいと頼むが、逆に犯人が誰なのかという議論が勃発。寮ごとに一触即発の雰囲気になってしまう。

 翌日、打ち上げライブのリハーサルが行われることになり、各寮が演奏を披露し始める。するとそこへ、北浜が現れリハーサルの中止を言い渡す。その強権ぶりに、生徒たちも、渋々従うしかない。
 それでも、少しくらいはと嵯峨和真(溝端淳平)らが教室でギターの練習をしていると、北浜が入ってくる。ギターを見た北浜は、形相を変えるとそれを取り上げ、教室の窓から投げ捨ててしまう。生徒たちが反発すると、北浜は自分に従っていればいいんだと、声を荒げる。その様子に、佐野は何を感じ取る。

 夕方、中庭に佇み、落ち込む中津に佐野が声をかける。様子のおかしい中津に尋ねると、北浜からカンニングの件で反省文を書けと半ば強要されていていると告白。もし書かなければ、自分は停学、そして、所属するサッカー部も大会の出場を辞退させられると言うのだ。と、そこへやってきた瑞稀がそれを聞く。激怒し、校長に掛け合うと言うという瑞稀を、中津は笑顔で制するが…。


 生徒指導室にいた中津が反省文にサインをしようとしていると、瑞稀が駆け込んできて、北浜に、北浜のやっていることは指導ではなく、教師という権力を振りかざしたいじめだと訴える。そんな瑞稀を見た北浜は、突然、制服を脱げと言う。瑞稀のような力の弱そうな不良は、ナイフを隠し持っていてもおかしくないと言うのだ。そして、異常な迫力で迫ると、瑞稀の制服に手をかける――。すると、それを見ていた中津が激昂。思わず、北浜の胸倉を掴む。北浜はそれを暴力行為とみなし、停学決定だと言い捨てる。「中津停学」のニュースは、瞬く間に学園に広がり、生徒たちは動揺する。

 北浜の横暴なやり方の裏には、何かあると思った佐野は、保健室に梅田北斗(上川隆也)を訪ねると、北浜の素性を教えてほしいと頼む。すると、ちょうど入ってきた原秋葉(紺野まひる)が、北浜の同級生だと言い…。

 中津が停学処分になってしまったことに責任を感じる瑞稀は、北浜に停学を取り消してほしいと談判するが、聞き入れられない。そんな瑞稀を中津が制していたとき、白い学ランをまとった難波、天王寺恵(石垣佑磨)、オスカー・M・姫島(姜暢雄)を先頭に、大勢の生徒たちが詰め掛けてくる。白い学ランは、教師と互角に渡り合える権限を持つ桜咲学園の生徒会“花桜会”の象徴だ。難波らは、生徒全員が署名したという退学届けを差し出し、中津の停学取り消しを求める。しかし、北浜は意にも介さない様子で、自分は間違っていないと言い、難波の胸倉を掴むと、教師が管理しなければ、生徒はすぐにわき道に逸れてしまうと言い放つ。すると、「俺たちはアンタの弟じゃない!」と言って、佐野が入ってくる。意表を突かれたのか、北浜は言葉を失い、部屋を出て行こうとする。そんな北浜に教頭の猿渡が、中津は本当に暴力を振るったのかと尋ねる。長い沈黙のあと、北浜は自分の思い過ごしだったかもしれないと言い、カンニングの件でも中津の主張を認めると言い残し、その場を去る。一件落着したことに、生徒たちは大いに盛り上がる。

 その後、瑞稀と佐野が庭のベンチに座り、北浜のことを話していると、本人がやってくる。北浜によると、北浜には年の離れた弟がいたが、甘やかされて育ったため不良になり、高校生のときにけんかに巻き込まれ、ナイフで刺されて亡くなったのだと言う。佐野が言う通り、生徒たちに自分の弟を重ねていたのかもしれないと言う北浜は、中津に謝罪の言葉を伝えて欲しいと言うと、その場を去っていく。瑞稀は、それを中津に伝えようと、ベンチを立とうとする。と、佐野に腕を掴まれる。ドキッとする瑞稀に「…もう少し、いろよ」とぶっきらぼうに言う佐野。瑞稀は、再び佐野の横に座るが、ふたりの間には沈黙が流れる。すると、今度は佐野が練習に行ってくると言い立ち上がる。行きかけた佐野だったが、瑞稀を振り向くと、「ライブ頑張ろうな……瑞稀」と言い残し、歩いていく。思わず、「おう」と答えてしまった瑞稀だが、「瑞稀」と呼ばれたことにハッとする。

 その後、『定期テスト打ち上げライブ』も無事、開催される。瑞稀や中津たち第二寮の面々がステージに上がったとき、梅田に連れられて北浜がやってくる。北浜を認めた中津は、マイクを手にすると、自分たちは何にも考えないでわき道に逸れたりはしない、くだらないことに憧れているのでもなく、ちゃんと意味があってそこに行き着いたってことを分かってほしいと、北浜にメッセージを送る。

 その頃、練習に向かう佐野のところへ、桃郷学院の神楽坂真言(城田優)が現れ、桃郷学院で全国の有力選手を集めて行われる強化合宿に参加しないかと誘う。そこには、当然、佐野の弟・森(大東俊介)もやってくると言い…。

 その日の夜、中津がシャンプーを借りに瑞稀たちの部屋を訪ねてくる。佐野は外出中、瑞稀はシャワーを浴びていた。中津は構わず浴室へやってきて、シャワーを浴びる瑞稀の側のシャンプーに手を伸ばそうとする――と、そのとき、フッと瑞稀の裸を見てしまう。中津はそっとドアを閉め、瑞稀は気づかないが、中津は呆然とする。


【主題歌】「PEACH」大塚愛




【オープニングテーマ】「イケナイ太陽」ORANGE RANGE




【小説】『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』武藤将吾 /前川奈緒




【写真集】『花ざかりの君たちへ メイキングブック』




【原作】「花ざかりの君たちへ」中条比紗也(愛蔵版 全12巻)





torrentデータをダウンロードするには>>>>BitComet

動画ファイルを視聴するには>>>>>>>>GOM PLAYER

カテゴリ

最新記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。